ウォーターサーバーのメリットを考える

さらにウォーターサーバーを選択するときには、そのウォーターサーバーは総合的に考えると幾らくらいかかるのか、という判断をしていかなければなりません。レンタル式のウォーターサーバーの場合はサーバー本体の料金と、宅配されるミネラルウォーターの代金などを支払う必要があります。

最近ではサーバーレンタル料やメンテナンス料が無料という業者も段々と増えてきたようですが、このようなウォーターサーバー業者の場合は、宅配水代にサーバー代金が上乗せされているケースが多く、個々のボトル代は高くなってしまう傾向があります。そのため、ウォーターサーバーの設置について考えている方々は、トータルで計算するとどうなのか、ということを考える必要があります。

また、何といってもウォーターサーバーの基本は、水の美味しさです。ウォーターサーバー会社がそれぞれ提供している水にも、会社ごとに色々な特徴がありますので、よく比較をしてから、どのウォーターサーバーの水がいいか検討をしてみましょう。例えば、RO膜(逆浸透膜)でろ過したあと、オリジナルのミネラルを加えたタイプの、デザインウォーターを使用しているウォーターサーバー会社があります。他にも、富士山の安全で美味しいバナジウム天然水もあり、日本の原風景である京都の天然水や、 大分のゲルマニウム天然水を使用している会社もあります。